berry...

テーブルコーディネート お菓子&お料理




  シュトーレン 香りか好き!秘密は糖衣です      2016/12/07(Wed)

201612_シュトレン2

アドベントにはいりましたね
ドイツの伝統菓子 クリスト・シュトレンです

先日のNHKの番組「グレーテルのかまど」はドレスデンのシュトレンの回でした(#^^#)
生地の成型も色々あるのね。。。ドレスデンではオレンジピールやドライフルーツの割合に決まりがあるのね。。。
サイズが大きい!などなどお勉強になるなぁ。。。と思いながら 見ていました

そして 「食べたい。。。」と思い、もう少し熟成させておきたかったのですが
まぁ、食べたいときに!と思い 今年焼いたシュトレンをカットしました

香りが好き!シュトレン独特のとてもとても芳醇な香りです

シュトレンは焼き上げてから、たっぷりのバターの上にグラニュー糖をまぶして
さらに粉糖を、これもまたたっぷりとまとわせて数週間熟成させます
つまり「糖衣」です!
余談ですが berry...はこの「糖衣」と聞くと、むかしあった正露丸糖衣を思い出します。。。(#^^#)

この「糖衣」をして熟成することで 芳醇な香りとしっとりとした食感になります
洋酒の香り フルーツの香り バターの香り 甘い香り。。。複雑なシュトレン独特のこの香りが
シュトレンの最大の魅力だと思っています(*^-^*)

201612_シュトレン1

今年の夏に仕込んでおいたドライフルーツの洋酒漬けを使って イーストでスターターを作って焼きました
お菓子のような パンのような ちょうど中間みたいなものです
見た目はちょっと不格好ですが「イエス・キリスト」が降誕の際のおくるみの形を成型したものと言われています

「糖衣」が 真っ白のおくるみに見えるのですね。
お店では真っ白の美しいシュトレンが売られていると思いますが
写真の様に熟成させてから、さらにこの上に粉砂糖でお化粧して包まれています(*^-^*)

ここ数年、ちょっとしたブームになっていますが
予約して購入するほどのお店もありますね。

美味しいシュトレンが手に入ったらスパイシーな紅茶やグリューワインと一緒に
薄くスライスして召し上がって下さい

berry...

関連記事
スポンサーサイト

  1. berry...のお菓子達